日本遺産「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」~資源大国日本の記憶をたどる73kmの轍~

構成文化財 / スポット

Spot
しちほうじ

七宝寺

エリアスポット一覧へ戻る

七寶寺にある鏡は、唐式の伯牙弾琴鏡(はくがだんきんきょう)と云われ我が国では奈良時代から平安時代に流行した鏡の形式だそうです。 鏡面には精巧な毛彫りで阿弥陀浄土図が描かれており、鏡背面は名前の縁起を示す浮き彫りで伯牙が琴を弾いている故事の絵柄です。 伯牙は中国の春秋時代の人で琴の名人でしたが、その音をよく聞き分けた鍾子期が死んでからは琴の理解者がいなくなったと琴の弦を切って二度と弾かなかった事から「伯牙絶弦」とも云われます。
 この形式鏡は全国で12面程が伝わっておりほとんどが

名称 七宝寺
読み方 しちほうじ
住所

神河町大山110

TEL 0790-32-0681
URL http://www.kamikawa-kankonavi.jp/archives/900/

アクセスマップAccess Map

PAGE TOP