日本遺産「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」~資源大国日本の記憶をたどる73kmの轍~

構成文化財 / スポット

Spot
だいしょうやみきけじゅうたく

大庄屋三木家住宅

エリアスポット一覧へ戻る

三木家は、明暦元年(1655)、飾万津(飾磨)から福崎町辻川の地に移り住み、姫路藩の大庄屋として地域の政治と文化の中心的存在となってきました。福崎町出身である、‘民俗学の父’柳田國男との縁も深く、1972年に三木家住宅が兵庫県指定文化財となり、その後、2004年に町有化され福崎町の財産として、地域づくりの中心となっているところです。

名称 大庄屋三木家住宅
読み方 だいしょうやみきけじゅうたく
住所

神崎郡福崎町西田原1106

TEL 0790-22-0560(福崎町教育委員会)
営業時間 9:00~16:30
定休日 平日(土曜日、日曜日、祝日、秋季期間のみ公開)
URL http://www.town.fukusaki.hyogo.jp/html/mikike/
料 金 無料
備考 辻川界隈の駐車場及びトイレを使用

アクセスマップAccess Map

PAGE TOP