日本遺産「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」~資源大国日本の記憶をたどる73kmの轍~

構成文化財 / スポット

Spot
みちのえき ぎんのばしゃみち かみかわ

道の駅「銀の馬車道・神河」

エリアスポット一覧へ戻る

平成29年年11月25日より「かんざき大黒茶屋」を改修し、道の駅「銀の馬車道・神河」がオープン。中播磨地域で初となる道の駅です。
姫路・飾磨港から朝来市・生野鉱山をつなぐ日本初の高速産業道路とされる「銀の馬車道」(国道312号)沿線は、平成29年4月に日本遺産に認定されました。道の駅の近くにも、現存する「銀の馬車道」が通っています。
道の駅ではアンテナショップを開設し、地元の高齢者が特産品(お茶やおはぎ、七輪焼きのおかき等)の味わい方や地域の名所を紹介。田舎の魅力を広くPRします。

名称 道の駅「銀の馬車道・神河」
読み方 みちのえき ぎんのばしゃみち かみかわ
住所

神河町吉冨88-10

TEL 0790-32-2837
営業時間 10:00~18:00
定休日 木曜日(祝日の場合翌日休み)
URL http://www.kamikawa-kankonavi.jp/archives/488/

アクセスマップAccess Map

PAGE TOP