日本遺産「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」~資源大国日本の記憶をたどる73kmの轍~

ニュース

News

2023.12.22

第6回日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」川柳コンテスト入賞作品の決定

第6回日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」川柳コンテスト入賞作品の決定

 

このコンテストは、姫路市、福崎町、市川町、神河町、朝来市、養父市に在住または通学する小学4~6年生と中学生を対象に行われ、「日本遺産銀の馬車道・鉱石の道」沿線の魅力を地域内外に広く発信することを目的としています。

259名の方から410点の作品が寄せられ、審査の結果、下記の7作品の入賞が決定しました。

 

 

 

 

― 作品受賞者 ―

 

【最優秀賞】   

 ◆馬走る 希望という名の 荷を海へ
 [市川町] 市川町立市川中学校 3年  永良 雫(ながら しずく)

 

 

【優秀賞】      

 ◆生野から 未来へ繋ぐ 道標
 [姫路市] 姫路市立香寺中学校 3年  上月 瞳(こうづき ひとみ)

 

 ◆稲穂揺れ 銀の馬車道 黄金色(こがねいろ)
 [姫路市] 姫路市立神南中学校 3年  小林 和奏(こばやし わかな)

 

 

【審査員特別賞】  

 ◆馬駆ける 今はわんこが 駆け抜ける
 [姫路市] 姫路市立飾磨小学校 5年  平野 正己(ひらの まさみ)

 

 ◆銀の道 銀杏まいちり 黄金道
 [福崎町] 福崎町立田原小学校 5年  大石 陽太(おおいし ひなた)

 

 ◆銀の馬車道 通ると思い出す あの日のサッカー
 [市川町] 市川町立市川中学校 2年  西口 大智(にしぐち だいち)

 

 ◆銀馬車の カボチャは白い なぜだろう
 [神河町] 神河町立神崎小学校 5年  中本 陽(なかもと はる)

 

 

<講 評>
これまで以上に銀の馬車道・鉱石の道の価値に迫り、認識の深まりを感じた。また、ノスタルジックではなく、生活の中に銀の馬車道・鉱石の道が入った句などバラエティに富んでいた。

 

1 概要
(1)募集テーマ 日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」をテーマにした川柳
(2)募集期間  令和5年7月18日(火)~9月22日(金)
(3)応募資格  銀の馬車道・鉱石の道沿線(姫路市、福崎町、市川町、神河町、朝来市、養父市)に在住、
         または通学する小学4~6年生、中学生
(4)応 募 数  応募総数 410点 (259名)
(5)入 賞 数  7点(最優秀賞1点、優秀賞2点、審査員特別賞4点)

 

 

2 問い合わせ
中播磨県民センター県民交流室産業観光課 (TEL 079-281-9034)

 

S M T W T F S
2024.5
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ARCHIVE

PAGE TOP