日本遺産「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」~資源大国日本の記憶をたどる73kmの轍~

ニュース

News

2020.09.30

第3回 日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」サイクルトレインの運行

1 趣旨


 中播磨と但馬を結ぶ日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」の魅力を広く発信するため、JR播但線においてサイクルトレインを運行します。

 「銀の馬車道」は、明治時代に朝来市生野町にある生野銀山から姫路市飾磨津(現姫路港)までの間を鉱山の発掘・製錬に必要な機械や日用品などの物資と産出された金・銀・銅を運ぶ馬車が通った、日本初の高速産業道路と言われています。

 「銀の馬車道」の北へ続く明延、神子畑、生野の3鉱山は、鉱石輸送の専用道路等によってつながれ、鉱石や人、物資が運ばれていました。現在、明延、神子畑、生野および中瀬の鉱山エリアは「鉱石の道」と名付けられ、往時を偲ぶ貴重な産業遺産が大切に保存されています。

 サイクリングを通じて、参加者に「銀の馬車道・鉱石の道」の景色や名物を楽しんでもらうことで、エリア内外への認知度向上、来訪者増加を目指します。

 

2 内容 


 開催日:令和2年11月1日(日曜日)


 主催:日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」推進協議会(事務局:中播磨県民センター)


 概要:①姫路港→香呂駅 サイクリング

      ②香呂駅→生野駅 JR播但線

    ③生野駅→神河町→市川町→福崎町→城見台公園 サイクリング


 募集人数:45名


 参加費:3,000円

 

3 募集期間・募集方法


 9月30日(水曜日)~10月16日(金曜日)まで。


 神姫観光株式会社姫路支店へ電話またはWEBページから申し込み(別添チラシ参照)

 ・チラシ(表)

 ・チラシ(裏)

S M T W T F S
2020.11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ARCHIVE

PAGE TOP