日本遺産「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」~資源大国日本の記憶をたどる73kmの轍~

ニュース

News

2020.09.16

映画「望み」に「天空のヴァイオリン」が使用されました。

令和2年10月9日公開の堤幸彦監督の映画「望み」の劇中楽曲に、朝来市の竹田城跡で伐採されたアカマツを使って作られた「天空のヴァイオリン」が使用されました。

朝来市観光大使である山内達哉さんが映画音楽を担当。作曲・演奏を手掛けられいます。また、生野鉱山石刀節保存会の協力により、石のみと金鎚を打ち付ける音も挿入曲内に収録されています。(石刀節とは生野銀山繁栄の時代、鉱夫が歌った仕事歌のこと。)

映画「望み」の中で演奏されている「天空のヴァイオリン」を臨場感あふれる劇場でお楽しみください。

 

 

 

★映画「望み」公式サイト

https://nozomi-movie.jp/

★「天空のヴァイオリン」ホームページ

https://www.office-kon.net/tenku-no-violin

 

★写真提供:Akihiko Ken Misawa

 

S M T W T F S
2020.9
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ARCHIVE

PAGE TOP